独身の実家暮らしに潜む罠

独身で実家暮らしだとお金が貯まるという人がいます。
確かに、実家暮らしであれば、固定費を圧倒的に減らすことが可能となります。
3万円ほどを家に入れて、食費や光熱費は親がカバーしてくれるケースも多いのではないでしょうか。

ただ、ここに罠があります。
独身で実家暮らしで、毎月3万円を家に入れ、貯蓄を毎月3万円していたとします。
そのままであれば、貯金は貯まっていくかもしれません。
でも、そのまま転勤などで家を出ることになったりすれば、状況は一変してしまいます。

まず、家賃収入が発生します。
今まで実家に収めるお金が3万円であったのが、突如5万円の家賃を納めなければならなくなると出費は+2万円です。
それだけではありません。
水道などの光熱費をはじめ、食費や様々な雑費がかかるようになります。
これら増えた費用を+1万円以内に抑えることは、至難の業です。

つまり、独身・実家暮らしで安住していると、いつの間にか自立できなくなってしまうのです。
勿論、独身・実家暮らしはお金を貯める上で武器になることでしょう。
でも、独身・実家暮らしが前提のお金遣いになっていないかには注意が必要です。

一度生活水準を上げたら、下げるのは難しいという話は聞いたことがあると思います。

これ、本当です。

独身・実家暮らしは、自然と生活水準が上がりがちです。
生活水準を絶対に上げないこと、そして、そもそも、実家暮らしでなく一人暮らしを前提として生活しておくようにしましょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。