会社員と確定申告

会社員は、源泉徴収票ももらえますし、会社側で年末調整もしてくれるはずです。
年収が2000万円を超えると確定申告するべきということは聞いたことがある人も多いでしょうが、会社員で年収2000万円を超えている人は稀でしょう。
よって、「私は確定申告必要なし」と考えることになるのでしょうが、ちょっと待ってください。
確定申告をすることで控除を受けられ、還付を受けられることだってあるのです。

まず、年末調整とは何か勉強。
会社員の場合、所得税などを毎月の給料から天引きされていますが、この天引きの計算は概算の年収から計算しています。
概算ですから、年末に差異を埋めるわけで、これが年末調整として還付・徴収されるわけです。

ケース①扶養家族ができた。
結婚したり、赤ちゃんが生まれるなど新たに扶養家族ができた場合には、その分控除額が増えることになります。
この場合は年末調整をしてくれるので、大丈夫です。
(※稀に、タイミングによって控除されていないことがあるようですが・・・)

ケース②転職や昇給、減給など
例えば年の途中で入社したとしても、給料が途中で変わったとしても年末調整で計算され還付・徴収となります。
普通に勤めている限り、会社員は確定申告をしなくて済むようになっているのですね。

ケース④生命保険、地震保険
生命保険や地震保険の支払いは年末調整で控除の対象となりますので、申告する必要があります。
源泉徴収票を見ると、生命保険料の控除や地震保険料の控除の欄があるはずです。
これらに加入した場合は控除によって年間の課税対象金額を減らすことができ、年末調整で厳選調査詠された額の一部が還付されることになりでしょう。

次に確定申告とは何か勉強。
簡単に確定申告とは何かを説明しておきます。
確定申告とは、1年間の所得を確定させて申告することをいいます。
そのままですね。
会社員でも確定申告をしなければいけないケースや、確定申告をしたほうがおトクなケースがあります。

ケース⑤給料以外の収入
給料以外の収入、例えば講演料やインターネットビジネスでの収入が年間で20万円以上あれば、確定申告をする必要があります。
これは、確定申告をしなければいけないケースですね。

ケース⑥給与の年収が2000万円以上の人
給与で年収2000万円以上とは、羨ましい話ですね。
この場合はサラリーマンであっても確定申告をしなければいけないケースに該当します。

ケース⑦2か所以上からの給料
そんなに多くないケースでしょうが、2か所以上から給与をもらっている人は確定申告の必要があります。
といっても、片方で年末調整を受けて、もう片方が20万円以下なら確定申告をしなくても大丈夫です。

ケース⑧医療費がかかった、控除を使おう
確定申告をしなくても問題はないのですが、医療費の支払い金額合計が10万円を超えると医療費控除を受けることができ、課税所得を減らせる効果があります。
確定申告をすることによって還付を受けられるでしょうから確定申告をすることをおすすめします。

ケース⑨住宅ローンを組んだ
住宅ローンを組んだ時には確定申告をすることで還付を受けられる可能性があります。
簡単に説明すると、住宅ローン控除と呼ばれる控除を受けられるため還付を受けることが出来るのですが、年末調整では対応していないため、確定申告をするとよいでしょう。

ケース⑩中途退職
中途退職して、再就職すれば、再就職先の年末調整により、確定申告の必要はなくなりますが、、中途退職してそのまま無職で年度末を迎えた場合などには確定申告をすることで還付を受けるようにしましょう。

ケース⑪寄付金控除を受けよう
国や地方公共団体などに寄付した場合、所得控除を受けられます。
確定申告をして寄付金控除を受けましょう。

以上が、確定申告しなければいけないケースと、確定申告をするとよいと考えられるケースです。
「確定申告って難しそうだし、面倒くさそうだなぁ」
と考える人もいるでしょうが、税務署にいくと、非常に丁寧に教えてくれます。
心配はいりません。
確定申告が必要、確定申告を受けると良いと考えられるケースに該当する方は、税務署に行って確定申告をしてしまいましょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。