住宅購入を選んだあなた②気を付けることは沢山

住む家を購入することを決めたとして、考えるべきことはたくさんあります。
ここでは、持ち家を購入すると決めた場合に気を付けるべきことを紹介しておきたいと思います。

タイミングはOK?
家を買ったなら、そこで暮らしていくことになるでしょう。
ただ、子供がいる場合、教育についても考える必要があります。
転校しなければいけなくなったり、買った家の地元の中学が荒れているケースもあり得ます。
教育問題を含めた、家族の将来設計はしっかりと考えましょう。

妥協すべきこと、すべきでないこと
多少駅から遠いなぁ、と考えたとします。
買う際には、これぐらいならなんとか歩けるだろうと考えていても、実際に住んでみると予想以上の苦労を感じることもあります。
全てを妥協しないで家を購入できればよいのですが、なにかしら妥協する際には本当に妥協しなければいけないことなのか、妥協してもよいことなのか、考えましょう。

減税措置
新築住宅を購入する際に利用する住宅ローン減税ですが、既存住宅売買のかし保険に加入することによって築年数が20年を超える木造住宅や築年数が25年超の耐火住宅でも、優遇税制の適用を受けられる場合があるのです。
税制はよく変更しますが、せっかくの減税措置ですから情報を集めて

「利用すればよかった・・・」

とならないよう、注意しましょう。

リフォームの必要性や欠陥
家は老朽化するものです。
中古住宅を買う場合には、リフォームの費用を考えておきましょう。
少し無理をして予算目いっぱいで住宅を購入すると修繕、リフォームの必要性が出ても対応できるお金がない、なんてことになりかねません。

住む家を購入するという経験に慣れている人はそれほど多くないはずです。
また、不動産屋さんというプロのアドバイスも、本心は買ってほしいからこそのアドバイスの可能性があります。
信頼できる不動産屋さんのアドバイスも必要でしょうが、家を購入する場合には、たくさんの物件、そして、購入を決める場合には近隣の他の物件も見て目を養うことが大事になるでしょう。

また、買う前には、あなた自身と家族の人生設計をよく考えること、そして専門の本を読むなどして勉強することをおすすめします。
一生でそんなに何度もある買い物でないうえに、一度買うとなかなか引っ越せないわけです。

購入を思いとどまらせたいわけではありませんし、マイホームの購入には夢があります。
いつかはマイホームと考えている人の気持ちはものすごくよくわかります。
だからこそ、後悔のない結論を下せるよう、勉強してから購入するようにしましょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。