株式投資での運用を考える③様々な投資タイプと勉強方法

「株式投資での運用を考える②利益の狙い方について」はお読みいただきましたでしょうか?
今回は、お読みいただいた方のうち、特にキャピタルゲインに興味をお持ちいただいた方を対象に書いていきたいと思います。

キャピタルゲインは、買った株価と売った株価の差額で儲ける投資スタイルです。
ただ、株式投資でキャピタルゲインを狙う場合、一回の取引にどれぐらいの期間をかけるかによって勉強すべき内容が少し異なるといわれます。
以下に、キャピタルゲイン狙いの株式投資について、投資期間別に三種類に分けたので、それぞれの特徴と勉強方法を見ていきましょう。

長期投資
長期投資は数ヶ月以上、長い場合には何年も株式を保有し続ける投資手法です。
企業の決算や財務情報を分析することを、株式投資の世界ではファンダメンタル分析というのですが、長期投資はファンダメンタル分析をして株価が割安の時に買い付けて、株価が割安でない水準に戻るのを待って利益を狙う方法が基本となります。
本などを通して、企業の財務内容や成長性を分析する方法を勉強していく必要があります。

スイングトレード
姉妹サイトの株勉強ドットコムが前提としているのがこのスイングトレードです。
スイングトレードは数日から数週間単位でトレードをしていくことになります。
資産を形成する段階においては、資金を回転させながらコツコツと利益を上げるスイングトレードの手法はとても適しているのではないでしょうか。
スイングトレードで利益を狙うためには、過去の値動きや出来高、時間軸から売買タイミングを見極めるテクニカル分析を勉強して売買ルールを作る必要があるでしょう。

デイトレード
一日のうちに「株を買い、売る」を完結させる投資タイプがデイトレードです。
過去の値動きや出来高、時間軸から売買タイミングを見極めるテクニカル分析を勉強することはもちろん、株価を見ながら判断する、判断力も養う必要があります。
儲けることができるようになる前に、資産が枯渇してしまうことも多いようなので、初心者の方にはあまりおすすめできない投資タイプと言えそうです。

いかがでしょうか?どの投資期間が優れているということはいえません。
人によって向き不向きがあるからです。
どの投資期間の投資タイプであっても大儲けした人も大損した人もいます。
大事なのは、あなたの生活スタイルに合っていて、あなたが継続して取り組める投資のタイプを選ぶことです。
そして、投資タイプを選んだら、その投資タイプに必要な勉強を進めていきましょう。
間違っても、いきなりお金を投資しないようにしましょう。
勉強することなく、いきなりお金を投じるという行為は、投資ではなくギャンブルですからね。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。