パート・アルバイトの103万円と130万円を勉強しておこう。

パート・アルバイトの103万円の壁、130万円の壁をご存知でしょうか。
主婦でありながら、空いている時間などに働いて家計を支える方も多いと思います。
そんな方は、この103万円と130万円の壁を知っておくとよいでしょう。

収入を103万円以内に押さえれば?
ご主人が働いている主婦の場合、「基礎控除(38万円)+給与所得控除(65万円)」で合計103万円まで控除が受けられます。
控除とは税金がかからない部分のことですね。
もし、あなたのパート・アルバイトの給与総額が103万円以下であれば確定申告によって支払った所得税の全額が戻ってくることになります。
つまり、給与を103万円という控除額以内に収めれば、パートで働いた分については所得税を払う必要はないということです。
また、社会保険に入る必要もなく、配偶者控除の適用により夫の所得税も安く抑えられます。

103万円の壁を超えたら?
では、103万円の壁を超えてしまうとどうでしょう?
103万円を超えると、超えた金額に対して所得税を取られることになります。
あくまでも、超えた金額に対して、です。
ということは・・・103万円を超えると所得税の支払い義務は生じますが、だからといって収入が減ることにはならないわけです。
この段階では夫の扶養家族の範囲なので社会保険に入る必要はありません。
所得税は取られますが、世帯全体の所得は増えると考えられますね。

103万円の壁を意識しすぎなくてもよさそう。
103万円の壁については、理解できたでしょうか。
多くの人が103万円の壁と言います。
確かに103万円を超えると所得税は超えますが、そこまで意識する必要はないのかもしれませんね。

意識すべきは130万円の壁
意識するべきなのは103万円の壁ではなく、130万円の壁と考えましょう。
というのも、130万円までは給与所得控除、配偶者控除を受けることができますが、パート・アルバイトの収入が130万円を突破してしまうと扶養家族から外れることになってしまうからです。
夫の扶養家族から外れると、自身で健康保険に加入する必要がでてくるのです。
☑所得税は当然、取られます
☑社会保険に加入する必要が出てきます
結果として、130万円の壁を少し超えたぐらいの収入だと129万円の収入の方が実質の手取り金額は多いという事態が発生することになるのです。
130万円の壁は意識する必要がありそうですね。

まとめ
以上、考えてみると103万円の壁を必要以上に意識する必要はなく、意識するべきなのは130万円の壁と言えそうですね。
パートやアルバイトをする際には、家庭でよく話しあいつつ、130万円の壁には注意すると良いでしょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。