お金持ちの生活とは?目標を持ちましょう

資格試験や大学の入学試験などと違い、お金の勉強はどうしてもモチベーションを維持することが大変な勉強の一つかと思います。
このページは、お金持ちとして目指すべき段階をイメージしてもらうことを目的として書かれています。
お金持ちになると、お金との付き合い方がどうなるのかについて書いておきたいと思います。
注意点は、必ずしもここで書かれているお金持ちを目指す必要はないということです。
正解はありませんので、あなた自身の目指したい目標をイメージしていただければ結構ですよ。

世間一般的に言われる「お金持ち」の人の多くが実現していることの特徴として不労所得が挙げられます。
その名の通り、労働なくして得られる収入のことを言います。

働かなくても収入が得られたら・・・夢のような話ですね。

でも、お金持ちと呼ばれる人はその状態を実現しているのです。
では、どうやったら実現できるのでしょうか?

不労所得の例① 株や投資信託の配当金、分配金を得る
配当が出る株や、分配金が受け取れる投資信託を所有することは不労所得につながります。
そして、お金持ちと呼ばれる人の多くがこれらの収入を得ているものです。
勿論、元本の評価額が変動するリスクはありますが、保有している限りインカムゲインを得られます。

不労所得の例② 不動産収入を得る
不労所得という言葉を聞くと、この不動産収入を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
アパートやマンション、駐車場を所有することによって、家賃収入を得ることが可能になります。
相続でこうした不動産を引き継ぐ例もありますが、昨今は自身でゼロから不動産投資を手掛ける人も多くいます。

不労所得の例③ ビジネスのオーナーになる
簡単ではないですが、自身で小さくビジネスを開始して、それを人に任せるという方法で不労所得を得る方法もあります。
飲食店のオーナーという選択肢等もあるでしょう。
最初からビジネスのオーナーを目指す方法もあれば、軌道に乗るまで自身で頑張った後に他人に任せるという方法もあります。

ここまでの例を読んでいただければ、分かる通り、不労所得のポイントは、自分以外が働いてくれる仕組みを作ること、と言えそうですね。
●お金に働いてもらう
●不動産に働いてもらう
●誰かに労働してもらう
いずれにしても、不労所得は自分以外の「誰か」或いは「何か」が働いていることが分かると思います。

労働は大事ですし、基本となるでしょうが、最初は少ない資金でも、小さなビジネスでもよいでしょう。
自分以外の「誰か」や「何か」に働いてもらう仕組み作りを将来的にはしていきたいものですね。

そんな仕組みのアイデアは今から少しずつ考えておくとよいのではないでしょうか。
その考えたことの実現が、お金の勉強のモチベーションにきっとつながるはずです。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。