子供にはお金がかかるもの。

「子供というものはどうしてこうもお金が掛かるのか・・・」
子供は宝物ではありますが、こう考えてしまう気持ちもわかります。
塾などの費用はかけ始めればきりがありません。
塾以外にもピアノや水泳など、習い事などを習わせれば、かかるお金は青天井となってしまうことでしょう。

子供の将来のことを考えれば安い!?
塾などの教育費は子供の将来のことを考えると元が取れるという気持ちで費用をかける人が多いでしょう。
最終学歴が大学卒の人の生涯年収と高校卒の生涯年収の平均を比べると何千万円もの差があるというデータを見たことがある人も多いはずです。
学歴社会は崩壊したという意見もありますが、データを見ると、まだまだ学歴社会は有り続けている感じもしてしまいます。

教育資金はかかるものですから。
家庭によって、また子供によって考え方はそれぞれでしょうが、ここでは、子供にはお金が掛かるものであるという事実、そしてその資金を貯めることの重要性を理解していただければと思います。
例えば、教育資金の目安を見てみましょう。

・子供を幼稚園から大学までずっと公立に通わせた場合、おおよそ1000万円程度かかるといわれます。
・子供を幼稚園から大学までずっと私立に通わせた場合、おおよそ2500万円程度かかるといわれます。

いきなり一括でこのお金が必要になるわけではありませんが、トータルでかかる金額を見ると、少し不安を覚える人も多いのではないでしょうか?

まず、小学校入学前にいくら貯められるか
お金が最も必要になるのは、受験、そして、入学の前後です。
大学では、学費を入学直後に1年分とか半年分を支払う必要がある大学も多いです。
中学、高校でも制服を買う必要があったり、入学前後は何かとお金が必要になることが想像できますね。
よって、貯金をできるだけ作っておく必要があるのですが、子供の小学校入学までにいくら貯められるかが教育資金計画のポイントになります。
もし、結婚して日が浅く、将来的に子供が欲しいと考えているのなら、夫婦共働きがおすすめです。
この段階でできるだけ貯蓄を貯めることができれば、教育計画を立てやすくなるのです。

学資保険という方法
学資保険という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
学資保険とは、子供の教育資金を目的とした保険で、毎月保険料を積立てていきます。
そして、満期の際に、その満期金を教育資金に充当させるわけですね。
それなら、貯金と同じという考え方もありますが、もし教育資金を貯められることができなかったら、子供が可愛そうですよね?
学資保険であれば、貯金に比べてしっかりと貯められるのではないでしょうか。
学資保険のメリットとデメリット
学資保険にはメリットとデメリットがあります。

メリット
・親に万一のことがあれば、保険料が免除され、満期保険料などが受け取れる。
・祝い金がある学資保険がある。入学時などに入学祝金が用意されている学資保険もあります。
・定期預金よりも税制面で優遇されている。保険料の支払いに控除が使えます。
・何より、着実に積み立てられる。貯金よりは確実性が高いのではないでしょうか?

デメリット
・元本割れしてしまう商品がある。満期時の返戻率を注視してみましょう。100%以上ならば元本割れはしませんが、100%以下の商品も多いです。
・途中解約すると、払い込んだ保険料を下回ることがある。貯蓄ならありませんが、学資保険だとありえます。

よ~く考えよう
教育資金は、通う学校などにもよりますが、大きなお金がかかります。まずは、子供がいないときや、教育にお金がかからない、まだ子供が小さいときから貯蓄をしてしっかりと準備をしておきましょう。
学資保険を利用するもの一手です。
学資保険には元本割れのリスクがあるけど保障が手厚い商品もあれば、入学祝金が用意されていて、満期時の返戻率が100を超えているような学資保険などいろいろあります。
多額のお金がかかりますが、できるだけしっかりと用意したいと考える人が多い教育費だからこそしっかりと考えて計画を立てておきましょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。