がん保険?医療保険?どう違うの?

医療保険の保障する範囲には「がん」も含まれます。
だから、医療保険に入ればがん保険に入る必要がないのでは?と考える人もいます。
でも、がんは、他の病気に比べると入院が長期化したりする可能性が高くなります。

がん保険は、がんと診断された段階で一時金を受け取れたり、入院が長期化した場合にも、日数無制限で入院給付金を受け取れるといったメリットがあります。
当然ですが、がんと診断された場合には医療保険よりはがん保険のメリットが際立ちます。

医療保険でがん特約を上乗せする方法も。
医療保険にがん特約を上乗せするという方法もあります。
がん保険とどちらが良いかという疑問がわいてきますが、基本的には医療保険にがん特約を付加させてもがん保険の保障のほうが手厚いことが多いです。

保障を増やせば、保険料負担も増加します。
保険の加入を考える際には、「この保険もこの保険も」と考えたくなってしまいます。
がん保険も医療保険も、どちらも多くの人が考える保険だと思います。
ただ、手厚い保障になればなるほど、どうしても保険料負担は増加していくことになります。
今、30歳の夫婦二人だとして、仮に60歳までの保険料負担が一人月々3000円増加するとどうなるでしょう。

月々3000円×2人×12ヶ月×30年=216万円

となります。
保険に加入する際、保障される内容から考えると、必要と感じてしまいがちですが、保険料の負担の増加は貯蓄額を減らすことになりかねません。

がん保険だけでもいいという人も多い。
医療の保険は必要だからと医療保険に加入し、がんの際には心配も多いだろうとがん保険にも加入、と補償を手厚くしていると保険料は増加してく一方です。
人によってはがん保険だけで、医療保険には加入しないという人もいます。
日本の公的な保険もありますし、保険に頼って保険料を払い続けるのではなく、急な治療費も賄える貯蓄を貯めるという考え方も大事です。
貯蓄、収入、家族構成によって、必要な保障は異なります。
必要な保障は人によって千差万別ですから、あなたの貯蓄、収入、家族構成をよく考慮して医療保険やがん保険の加入を判断していくようにしましょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。