【お金の勉強】始めるものの途中で終わる人、続出

お金の勉強に取り組もうという人は非常に多いです。その証拠に、お金の勉強セミナーなども盛況です。そして、お金の勉強のセミナーなどに行くと、

よし、これからはお金に関する知識を身につけるぞ
とお金の勉強に対しての高いモチベーションを感じるものです。
でも、多くの人が実はそこで終わってしまいます。モチベーションが上がった、そのセミナーの帰りに書店に寄ってお金の勉強に関する本を買って帰っても、数日したら結局読んでいない・・・そんな人が多いものなのです。


お金の勉強は継続が難しい。
そうなんです。お金の勉強に取り組んだことがある人であればわかると思いますが、お金の勉強はなかなか継続することが難しいものだと思います。
最初は、よし、頑張って貯蓄を増やすぞ、と思って節約生活を始めても、一日無駄遣いしてしまった日を境に節約生活に終わりを告げてしまうこともあると思います。
これからは家計簿をつけてお金をしっかりと管理しよう、そう思っても、結局は三日坊主で終わってしまった経験がある人も多いことでしょう。
しつこいようですが、お金の勉強は継続が難しいことを覚えておく必要があります。

なぜ難しいのか。
学生時代を思い出すと、継続して頑張ったことがある経験をお持ちの方は多いと思います。何年間もピアノの経験がある、とか、大学入試の時は頑張った、とか、中学3年間は部活を頑張っていたなぁ、とか・・・。その継続して頑張れたことは、実は明確な目標があるので頑張ることができたと考えられます。
例えば、ピアノを何年もがんばれたという人は、発表会という明確な目標があるために継続して頑張ることができたのかもしれません。
大学入試は合格という明確な目標があるから頑張ることができたのかもしれません。
部活でも試合に出たい、試合に勝ちたいという明確な目標があるから頑張れたのかもしれません。

お金の勉強でも。
継続して頑張ることが難しいお金の勉強に明確な目標を定めていくとどうなるでしょう?
お金の勉強を始めると決めたのであれば、明確な目標、それも、頑張ることで達成できる明確な目標を掲げながら頑張ってみるのです。
例えば、いきなり1億円貯めるという目標はどうでしょう?なかなか現実味がなく、それをモチベーションに頑張ることは難しいかもしれません。
お金持ちになるという目標はどうでしょう?今度は漠然としすぎている感じがしますね。
では、3ヶ月で10万円貯めてみるという目標はどうでしょう?これなら、努力次第で達成できそうですし、なにしろ目標が明確です。1ヶ月たったところで2万円しか貯めることができていなかったらもう少し頑張らねばと軌道修正を図ることができます。
お金の勉強を継続するために、明確な目標を定めることを強くおすすめします。

ご褒美も用意して。
小さな明確な目標を定めて、もしそれを達成することができたなら、小さなご褒美を用意するようにしましょう。
先の例のピアノでも、部活でも、大学入試でも、目標達成時には達成感や褒美があるはずです。お金の勉強でもこれを用意しましょう。

まとめ
お金の勉強は継続することがなかなか難しいです。でも、生きている限り付き合い続ける必要がるために、継続して取り組まないといけないものでもあります。
お金の勉強を継続して取り組むために、小さくてもいいので明確な目標を立てましょう。
そして、それが達成できた時に小さなご褒美を用意するとよいでしょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。