節約と家計管理の活動

節約と家計管理の活動

この記事ではあなたに節約と家計管理について取り組んでいただきます。
節約は即効性が高いため、早速今月からよい効果が出ることもあるでしょう。
是非、読んだ後には実行に移してみてくださいね。

まずやるべき家計管理の活動
「金活をしましょう」
こう聞くと、水の出しっぱなしに気を付けたりこまめに電気を切ったり、あるいは10円安いからという理由で商品によって使うスーパーを分けるなどの努力をしてしまう人がいます。
これはやめましょう。
もともとそういう生活を長年継続しているのであれば止めるつもりはありませんが、今までそういう努力をしてこなかった人がいきなりそうした努力を始めるとストレスが溜まり、ダイエットのようにリバウンドしやすいのです。
さらに付け加えてしまうと努力のわりに効果はないものです。
まず取り組むべきはいきなりの努力ではなく、何にいくら使っているのかを把握することです。
ひとまず、毎月、何にいくら使っているか、おおよその数字を書き出してみてください。
何におおよそいくら使っているかを書き出したなら節約すべきところを考えて行きましょう。
まずは高いところから、これが基本ですよ。
例えば住居費です。
家賃なんか下げられないという人もいますが、毎月遅れることなく家賃を払い続けているのであれば、更新時に交渉する余地はあると思います。
通信費はいかがでしょう。
スマホはもはや必需品になっている人が多いでしょうが、大手キャリアではなく格安スマホを使うことで通信費を大幅に引き下げられる可能性があります。
また、保険はどうでしょうか。
もし独身だったり年齢が若ければ必要ない可能性だってあります。
保険は住居費に次いで人生に二番目に高い買い物と言われるほどですから、節約できれば効果は大きいです。
車を持っていたらレンタカーにできないか考えてみましょう。
駐車場代やガソリン代、車検などを考えると必ずしも必要なのかどうかについてはよく考える必要があります。
こうして、節約できるものは何か、そしてそれはいくら節約できるのかを考えてから実行に移すことがポイントです。
節約できたかどうかは毎月家計管理をしながら経過を見ていくようにしましょう。
なお、付け加えておきますが、こうした大きな金額の節約が済んでそれが当たり前になったなら、冒頭で述べた細かい節約についても考えてみてもよいでしょう。
いきなり細かいものに取り組むのは失敗しやすいので注意が必要です。

家計管理方法
家計管理と聞くと何を想像するでしょう。
多くの人が家計簿を想像するのではないでしょうか。
そして、この家計簿は多くの人が取り組み、また多くの人が失敗してきたはずです
ここでは、簡単な家計管理の方法を二つ紹介しておきます。

≪書くだけ家計管理≫
まずは書くだけの家計管理です。
ただノートにその日、何にいくら使ったのかを書いていく方法です。
それも殴り書きで構いません。
そして、月末に1日だけそのノートをまとめて計算してみるのです。
どうでしょうか。
ずいぶんざっくりした方法だなと思うかもしれませんが効果は結構高いものです。
例えば、毎日コーヒー300円と書いていたらどうでしょうか。
なんとなく減らした方が良いと考えるようになるかもしれませんね。
また、月に何回も飲み代3000円と書いていたらどうでしょうか。
翌月は飲み代を控えないといけないなという気分になるはずです。
文字を書くことによって注意すべきことが分かりやすくなります。
慣れてきたら例えば「消費」、「浪費」、「投資」に分けて書いていくとよいでしょう。
例えばノートを縦に3つに区切って左のスペースから順に「消費として使われたお金」「浪費として使われたお金」「投資として使われたお金」を書いていくのです。
この「消費」、「浪費」、「投資」の分類ですが
「消費」・・・生活していく上で必要と考えられるお金。
「浪費」・・・生活していく上では必要がなく容易に節約できるであろう遊興費などのお金。
「投資」・・・自身の将来のために使ったお金。書籍や教材などのお金。
と考えていただければ大丈夫です。
これも同様に月末に計算してみましょう。
それも、「消費」、「浪費」、「投資」にそれぞれいくら使ってみたのかを計算してみてください。
ちなみに理想は「消費」:「浪費」:「投資」=7:1:2ぐらいです。
月によって多少の差はあるかもしれませんがあまりにも浪費が多くならないように出費を管理していきましょう。

≪レシートとっておくだけ家計管理≫
次に毎日書くのは面倒くさいという方向けの方法です。
最初に「消費」コップ、「浪費」コップ、「投資」コップを作っておいて、あとは買い物の都度レシートをもらって「消費」コップ、「浪費」コップ、「投資」コップの3つに分けていくだけの方法です。
毎月末にコップごとに入っているレシートを合計すればおおよそ何にいくら使っているのかを把握することができます。
これ以外にもスマホアプリなど、家計管理方法には色々な方法があるので、ぜひ試してみてください。

家計を管理することは、金活において基礎となります。
先ほどの項で大きな金額のものから節約しましょうと言いましたが、そもそも何にいくら使っているかが分からなければ節約などできません。
いきなりきれいな家計簿を作ろうとするのではなく、最初は本書で紹介しているような大雑把な方法から試してみてください。
3日坊主で終わってしまうきれいな家計簿より、大雑把でも家計を把握できている状態の方が理想的です。

節約を検証する
さて、節約については、大きな金額が節約できるものから取り組むことをお願いしました。
でも、節約がよい節約になっているかどうかについてはしっかりと検証する必要があります。
例えば、今までビールを飲んでいたのを第三のビールにしたとします。
でも、満足度が下がって量が増えていて結果として同じだけのお金がかかってしまっていたらどうでしょう。
意味がありませんよね。
逆に、毎日スイーツを食べるのをやめる代わりに、週に一回本当に食べたい高価なスイーツを買うようにしたら結果として満足度も上がりお金の節約につながった、なんてこともあるでしょう。
節約は我慢が必要という言葉を聞いたことがあるかもしれませんし、ある程度それは真だとは思います。
でも工夫することによってお金も節約できた上に満足度も上がるなんてこともあるものです。
節約でストレスが溜まってストレス発散のために週末に旅行などに行くようになって余計にお金がかかるようになった、なんてことにならないように注意しながら取り組みましょう。

節約と家計管理の活動の準備と手順まとめ
さて、ここまで家計管理の方法や節約の取り組みについて紹介させていただきました。
最後に、手順や気を付けるべきことについてまとめておきたいと思います。
まずは金額が大きく、節約効果が高いものから節約に取り組むことが大事でしたね。
細かいものをいくら節約していてもなかなか節約効果を感じられないばかりか、ストレスばかり溜めこむことにつながってしまってリバウンドしてしまう可能性だってあるわけです。
また、節約はいきなり根性論で取り組むのではなくて何にいくら使っているかを把握して取り組むこと、そして、節約後にもその節約を続けられているかを家計管理によってチェックし続ける必要があることを紹介しました。
家計管理というと家計簿を想像する人が多いと思いますし、また、多くの人がその家計簿で挫折した経験があるために、本記事  ではまず簡単に取り組める家計管理法を紹介しました。
大事なことは、とにかくできることから取り組んでみることです。
書かれていることを理解しているだけでは何も変わることはありません。
実際にノートを持ってきて今日使ったお金を書き記すようにするだけでも少しは変わるものです。
無理することなく、あなたのできる範囲で金活の初歩、節約や家計管理に取り組んでみてください。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。