金活成功のために

金活成功のために

さて、この記事ではお金に関する活動である「金活」を成功させるために必要な心構えなどについて学習していただきます。
せっかく取り組むのですから成功させたいと考えるのは普通です。
でも、成功させたいという気持ちだけは誰だって持っているものです。
それでも、実は事前にどんな準備をするか、どんな心構えを持って取り組むかで結果として成功するか、それとも途中で諦めてしまうかが分かれてしまうものなのです。
金活という名前ではないにしろ、これまでに家計簿や資産運用に取り組んだことがある人は多いはずです。
また、中には何度か挫折したことがある人もいるかも知れません。
今回の金活は成功させましょう。

金活成功のために必要な「計画」
金活は他の〇活と呼ばれるものと同様の気持ちで取り組む必要があります。
ただ、何となく始めるのではなかなか上手くいかないのです。
他の〇活と呼ばれるものと同様の気持ちで取り組むために必要なのが目標と計画です。
この計画は1億円貯める、といったあまり現実的に考えられないものよりも、もっと考えやすいものから取り組むようにしてください。
例えば、今月は家計管理ができるようにして、来月から積み立て貯蓄を始める、といった内容で大丈夫です。
是非、この記事を読み終わった後にはまず、目標と計画作りに取り組んでみてください。

楽しみながらやる
金活は楽しみながらやる必要があります。
そもそも我慢して取り組むようなものはなかなか成功しないものです。
例えば一日300円で生活する、と決めてもやしなどを中心とした食生活に取り組んだとしてもまず失敗するものなのです。
それに、無理した計画は身体にもよくない可能性があります。
結局身体を壊して病気になってしまっては元も子もありません。
金活は我慢して根性で取り組むよりはむしろ、楽しみながら取り組めるような工夫をすることをおすすめします。
例えば、ただ毎日500円玉を貯金するだけでなく、500円玉貯金ができたときにはカレンダーに罰印を書いていくとどうでしょう。
罰印が書けなかったら翌日に500円玉を2枚貯金して前日にも罰印を付けたくなるものです。
これを繰り返しているといつの間にか罰印を書きたくて楽しみながらできるかもしれませんよね。
また、金活では給料が入った直後に先取り貯金をおすすめしておりますが、それでも給料日前に先月の余りが出たらどうでしょうか。
もちろん、それも貯金に回せればよいかもしれませんが、思い切って使ってしまうのもモチベーションを保つためには有効かもしれません。
翌月も余らせるように頑張ろうという想いにつながるかもしれませんね。
他にも工夫はあります。
我慢しすぎるのは良くないと書きましたが、期限を決めてイベントとして、例えば「一週間をいくらで過ごせるか」に取り組んでみるのはどうでしょうか。
特に給料が出た直後によくお金を使ってしまう傾向にある人は、給料が出た直後の一週間をとことんお金を使わない一週間にしてみるという方法があります。
金活は、我慢しなければいけないことだらけだという気持ちで取り組むと長続きしないものです。
あなたなりの楽しみ方や、楽しむための工夫を取り入れながら、継続して取り組むようにしましょう。

できることを探して始める
「あれもこれもやらなければいけない」
そう考えて取り組むと失敗しかねません。
例えば、本サイトでは金活として節約や家計管理、貯蓄や副業、資産運用まで、一通りの学習をしていただきました。
さて、これらに一気に取り組もうとするとどうでしょうか。
普段運動していない人がいきなりプロのスポーツ選手と同じトレーニングに取り組もうと思っても難しいですよね。
大事なことは、できることを探して小さな一歩からでいいから始めるということです。
例えば、今の自分の給料から考えるとどうしても月に1万円も貯金できないと考える人がいるかもしれません。
それなのに、無理して1万5千円を節約して、同時にドルコスト平均法を利用した積み立て投資も始めようと考えたらどうでしょうか。
たぶん、挫折してしまいますよね。
では、毎月2千円から始めてみるとどうでしょうか。
これならできる可能性が高いのではないでしょうか。
2千円ができたら4千円、4千円ができたら5千円、と徐々に金額を上昇させていくことによって長い期間がたった後には驚くほどの金額となっていることでしょう。
まずはできる自信があることからで構いません。
金活の小さいけど大きな第一歩を踏み出しましょう。

仕組み化すること
意志は弱いものです。
意志で成功しようとしてもまず失敗します。
例えば、毎日筋トレをして体を鍛えようとしても、多くの人は継続することができずに失敗してしまうものなのです。
では、どうするかというとできる限り仕組み化してしまうのです。
例えば、毎月2万円を貯金しようと考えるのではなく、自動的に引き落とされて積み立てられる仕組みを作ってしまうのです。
そうすれば実現できる可能性が非常に高くなります。
金活に取り組む際にはできる限り仕組み化できないか、それを考えてみましょう。

よく相談すること
もし、あなたに家族がいる場合には、家族の理解、協力を得ながら金活に取り組むことをおすすめします。
例えば、一生懸命節約しようとしても、パートナーが散在ばかりしてきてしまったらどうでしょう。
お金が貯まらないだけでなく、きっとストレスが溜まることになるでしょう。
パートナーがいる場合、金活は自分だけのためのものではなく、将来の自分とパートナーのためになることです。
一人で取り組むよりも二人で取り組んだ方が成功しやすいと考えて、よく相談しながら、取り組んでみてください。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。