投資信託の選び方、考えること

投資信託の選び方、考えること

分配金を考えてみよう
さて、投資信託には、分配金を出すものが多くあります。
四半期や半期に一度分配金を出すものもあれば、毎月分配金を出すものもあります。
この分配金は非常に人気がありますが、あまりに分配金重視で投資信託を選ぶと思わぬ損失に巻き込まれてしまう可能性も否定できません。
ここでは毎月分配型の投資信託のメリットとデメリットを紹介し、あなたに向いているか向いていないのかを考えてみていただきたいと思います.

≪メリット≫
やはり、毎月分配型の投資信託のメリットは毎月分配金が出る点にあります。
老後にまとまった資産がある場合にはそれを毎月分配型の投資信託としておいておくことで生活が少し楽になることもあるでしょう。

≪デメリット≫
複利効果が期待できないというデメリットは考えておく必要があります。
分配金として利益が分配されてしまうことを考えると、元本部分は変わらないことになってしまいます。
給料で毎月プラスの状態が作れているのであれば毎月分配金を受け取るよりも、資産の増大を狙った方が良いかもしれません。
なお、毎月分配型の投資信託であっても分配金を受け取らずに複利で運用するコースを選択できるものも多くあります。

≪デメリット≫
分配金は、必ずしも運用益から出さなければいけないわけではありません。
分配金を一定に保つために月によっては元本を取り崩して分配金を支払うこともありえるのです。
ただ、あまりに元本を取り崩して分配金を出していては、自分の資産を分割して受け取っていることと変わりなくなってしまいます。

毎月分配型の投資信託はどちらかというと資産形成よりも資産を築いた後の段階に向いている商品と言えなくもありませんが、ただ毎月分配金を受け取るのははっきり言ってとても嬉しいですし儲かっているような気分になるものです。
あまりに元本を取り崩して分配金を出している(特別分配と言います)ものは考え物ですが、中身をよく調べた上であれば選択肢として考えていってもよいでしょう。

為替ヘッジ・通貨選択を考えてみよう
為替ヘッジコースが用意されている投資信託や通貨選択型の投資信託も最近よく見かけるようになりました。
為替ヘッジあり、為替ヘッジなしという2種類が用意されている投資信託もあれば、複数の通貨から好みのコースを選ぶタイプの通貨選択投資信託があります。

≪為替ヘッジあり、なし≫
為替ヘッジがあるコースを選択すると、単純に為替リスクの回避につながると考えればよいでしょう。
投資対象の株や債券の値動きの影響だけを考えらればよくなり、為替が円高になったとしてもそれが単純に基準価格のマイナスにはつながらないと考えることができます。
海外に投資することを考えた場合、これから円高になる場合には為替ヘッジありを選択すべきですし、これから円安になるのであれば為替ヘッジなしを選ぶことで円安が利益の源泉となります。

≪通貨選択≫
選択する通貨を手数料なしで変更できるスイッチングの機能を持った投資信託なども人気があるようです。
ただ、為替のリスクを無視することはできませんし、少々複雑な仕組みとなっていることには注意が必要です。
通貨選択型の投資信託においては
・投資対象の損益
・為替取引による金利差から生まれる損益
・為替変動による損益
の3つを考慮する必要があります。

それぞれを見てきましょう。
・投資対象の損益
海外債券に投資する投資信託であれば当然、海外債券の値動きの影響を受けますし最も考えているところかと思います。
もちろん、投資対象の利息や配当収入も利益の源泉となります。

・為替取引による金利差から生まれる損益
投資対象資産の通貨よりも選択した通貨の金利が高ければ金利差相当の収益を得られます。
例えば米国の債券に投資する投資信託でブラジルレアルの通貨を選択した場合には米国とブラジルの金利差が収益の源泉となります。

・為替変動による損益
為替の変動リスクも考慮する必要があります。
例えば先ほどの例、米国の債券に投資する投資信託でブラジルレアルの通貨を選択した場合で考えると、円とレアルの為替レートの関係が損益に影響します。
円高に進んでいれば損失になりますし、円安に進めば利益になります。

以上、通貨選択型の投資信託は3つの要素を考慮する必要があります。
毎月できるだけ多くの分配金を受け取りたいからとリスクの高い投資対象に対して新興国の通貨を選択して投資するケースも多いですが、それだけ多くのリスクをとっていることは忘れてはいけません。
投資信託に限った話ではありませんが、利益を大きく得られる可能性が高いほど、リスクが高いものと考えて取り組むようにしましょう。

過去の値動きを見てみよう
投資信託では、過去の値動きを見ることも参考になります。
例えば、インデックスタイプの投資信託を考えたとします。
過去の値動きを見てみるとどうでしょうか?
2008年10月に世界経済が震撼したリーマンショックがありまして、多くの指数はその際に大きなダメージを受けました。
でも、今の基準価格を見るとどうでしょうか?
値動きには実に様々な要因が絡むために単純に言える話ではありませんが、リーマンショックが起きて基準価格が大きく下落しても現在しっかりと値を戻していると同じことが起きても安心できる気がするはずです。
値動きを見て、なぜその時基準価格は下げたのか、なぜその時基準価格が上昇したのかを探ってみましょう。
過去の値動きとその値動きになった要因を知ることで、より選びやすくなるはずです。

月次レポート、週次レポートを見てみよう
多くの投資信託は月次レポートや週次レポートを発行しています。
月次レポートは義務づけられているわけではないのですべての投資信託から発行されているわけではありませんが、見てみるとなかなか参考になります。
例えば、月次レポートでは組み入れ銘柄を比率が多いものから順に掲載していたり、現在の資産構成、さらには、運用担当者のコメントも掲載されています。
どんなものに投資しているのかを知り、また、その投資対象を知っておくことでその投信がどんな値動きになりやすいかを理解できるかもしれませんし、月次レポートや週次レポートは初心者にとっても読みやすく作られているものが多いです。
投資する前はもちろん、投資した後も時折チェックするとよいでしょう。

コストを見てみよう
投資信託を選ぶ際にはコストをチェックする必要があります。
例えば、同じ投資信託であっても販売する金融機関によって販売手数料が異なることもよくあります。
同じ投資信託であれば当然コストは低い方が良いですし、また、同じような投資信託であってもかかるコストは異なるケースが良くあります。
過去の値動きを比べてまったく同様の動きをしていて、どちらに投資するか迷った時には単純にコストが安い方を選ぶのもよいかもしれません。
販売手数料、信託報酬、信託財産留保額をよく調べてから投資するようにしましょう。

・純資産高を見てみよう
基準価格と同様に、投信の純資産は毎日計算されるものです。
この純資産も無視してはいけません。
というのも投資信託によっては純資産残高が〇〇億円以下になったら運用を停止する、みたいな文言があるものもあるためです。
途中で償還になってしまったら資産運用の計画も変更する必要が出てきますし、新しく投資信託を買いなおす際にはまた手数料もかかってしまいますので予定外の償還は避けたいものです。
純資産高を見ておくべき理由は他にもあります。
これについては、理論だったデータがあるわけではないですが、例えば純資産が減少傾向で少なくなってしまった投資信託と、純資産が増加傾向で大きな資産を運用する投資信託があったとします。
投資信託の運用会社は果たしてどちらに力を入れるでしょうか?
やはり、大きな資産を運用している投資信託に力を入れるのが普通ではないでしょうか。
純資産高は日々変更しますし、公表されております。
余りに純資産残高が少ないものに投資する際には償還条項などを確認して注意するとよいでしょう。

ネットで見てみよう
投資信託を選ぶ際にはインターネットを活用することをおすすめします。
というのも、銀行や証券会社は、力を入れている投資信託と力を入れていない投資信託の差が大きいためです。
金融機関ありきでその金融機関の中で扱いがある投資信託を選ぶのと、投資信託ありきで希望の投資信託を扱っている金融機関を選ぶのとどちらが良いかと考えれば、やはり後者の方が良いのではないでしょうか。
となると、あなた自身でどの投資信託を選んで投資していくかは決める必要があるわけです。
4000以上もある投資信託ですから選ぶのは簡単ではないでしょう。
ただ、インターネットを利用してたくさんの投資信託の過去の値動きや月次レポート、週次レポートを見ながら目を養うことできっと、目が肥えてくるはずです。
探してみると意外に発見がありますし、探すこと自体も結構楽しいものです。
今はインターネットで様々な投資信託が紹介されているのでまずはフラットな目でどんな投資信託があるのか、見てみてください。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。