「国民健康保険」「健康保険」「労災保険」「雇用保険」とは

日本は国民皆保険制度の下、全ての国民が保険に加入することになっております。
このページでは、保険の中でも比較的よく聞く「国民健康保険」「健康保険」「労災保険」「雇用保険」がどんなものであるかについて学習していきましょう。

「国民健康保険」
国民健康保険とは、自営業者の方などが加入する保険で、窓口負担は3割となっております。
診療費の3割を負担すれば診療を受けられるということですね。
保険料の負担額は市町村によって異なります。

「健康保険」
国民健康保険が自営業の方が加入する保険ですが、サラリーマンの方が加入する医療保険制度が健康保険です。
国民健康保険と同様に、窓口で3割を負担することで診療を受けることができます。
健康保険には、国民健康保険にはない、疾病手当金、出産手当金などの現金給付があります。
保険料は、事業主と負担し合って負担します。
よって、退職しても、2年間の任意継続ができますが、その場合の保険料は、それまで会社が支払っていた分も負担することになり、2倍になります。

「労災保険」
病気やけがが、仕事に従事していたことが原因と認められた場合には労災保険の対象となります。
保険料は事業主が負担することになっているので、保険料負担はありません。
受け取るための手続きとして、労働基準監督所に必要書類を提出する必要がありますが、会社の指示に従って、或いは会社が代わりに手続きをしてくれるケースも多いようです。

「雇用保険」
保険料を払っていた人が、失業した場合に失業手当を受けとることができます。
なお、失業手当の給付を受けるためにはハローワークに出向いて、直接手続きする必要があります。

保険というと多くの人が健康保険、国民健康保険を思い浮かべるのではないでしょうか?
国民皆保険制度ですから、医療保険には加入せずにがん保険だけ加入するという人も多いようです。
それだけ、日本は保険が充実しているとも考えられます。
会社員の方は知らないうちに自動加入となっているケースも多いようですが、自分がどんな保険に加入しているのかについては理解しておきましょう。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。