外貨預金での運用を考える①外貨預金って?

銀行にお金を預けている人がほとんどだと思います。
そして、中には円だけでなく、例えばドルやユーロなどの外貨を預けている人もいるでしょう。
この外貨預金、始めるのも簡単ですし、将来のために是非活用するとよいと思いますので、外貨預金がどんなものかについて、また、リスクとリターンなどについて学習していきましょう。

外貨預金とは?
外貨預金とはその名の通り、外国の通貨で預金することを言います。
銀行がつぶれない限り、外貨ベースでは元本は安全です。
銀行によって用意されている通貨は様々ですが、比較的取り扱いが多い通貨として、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、ニュージーランドドル(NZドル)、オーストラリアドル(豪ドル)等が挙げられます。

なにしろ魅力的なのは金利
外貨預金を始める場合、多くの人は、外貨預金の金利の高さに興味を持って始める人が多いです。
何といっても、日本は金利が低いことで有名です。
銀行に預けているお金に今、いくらの利息がついているか確認してみましょう。
すると、ほとんどついていないことに気付くのではないでしょうか?
よく、

「昔は銀行預金でもすごい利息がついたのに」

という人がいます。
そうなんです、今は低金利で有名な日本も昔は結構な利息が付いたのです。
これが、外国の通貨だと今、まさに良い金利が付く国があるわけです。
「だったらその外貨に預金すれば・・・」そう考えて外貨預金を始める人が多いわけですね。

将来のために考えたい
円があれば安心というわけではありません。
将来的に円の価値が暴落する可能性だってあります。
そうなると、日本円しか持っていないとどうなるでしょうか?
輸入品の値段は、円が暴落すればどんどんと上がっていきます。
輸入品の値段が上がると、みんな国内品に殺到しますので、今度は国内品の値段が上がるかもしれません。
外貨があれば、日本円が暴落しても、それにつれて外貨の資産価値が上昇することになります。
つまり、日本円以外の通貨を持つことは、リスクヘッジ、日本円暴落という事態が生じても、その恩恵を受けられる資産を保有することになるわけです。

将来的に世界から見た日本の円の価値がどうなるかはわかりません。
ですから、資産の一部を外貨で持つことは考えても良いかもしれませんね。

好評!お金の勉強メールマガジン

今、メールマガジン登録でEブック【私はこうして1000万円貯めました】をプレゼントしております。

実際に1000万円を貯めた体験談、秘訣やテクニックなどを紹介しております。
あなたのお金の勉強に取り組むモチベーションアップのためにお役立てください。

早く始めたほうが有利と言われるお金の勉強、このメールマガジンで始めませんか。
 

 
 PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

SNSでもご購読できます。