家計管理

貯蓄の活動

貯蓄の活動

さて、この記事では「貯蓄の活動」というテーマで書いてまいります。
貯蓄は多ければ多いほどよいと考えている人が多いでしょうが、ただ闇雲に貯めようと思っても難しいだけです。
また、ポイントは強い意志をもって取り組むのではなく、そうした意志がなくても自然と貯まるような仕組みを作ることです。
お金を貯めている人の多くは、貯める仕組みを持っているものです。
ここでは、できる限り自然な形で貯める仕組みを作っていく方法を紹介してまいります。
※本書に置きましては、預金と貯金の違いを特に意識せずに書いております。どちらも貯金と表記しておりますので、ご了承の上読み進めてください。

続きを読む

節約と家計管理の活動

節約と家計管理の活動

この記事ではあなたに節約と家計管理について取り組んでいただきます。
節約は即効性が高いため、早速今月からよい効果が出ることもあるでしょう。
是非、読んだ後には実行に移してみてくださいね。

続きを読む

ボーナスはあって当然と考えるな。

サラリーマンにとってボーナスはとてもうれしいものです。
一時金で給与の何か月分かが支給されるわけですから、嬉しいのも当然です。
でも、ボーナスがあって当然のものと考えてしまうことは危険です。

続きを読む

とにかく避けるべき、破壊力抜群の衝動買いとにかく避けるべき、破壊力抜群の衝動買い

ショッピングが趣味という人がいますが、買うこと自体が目的となると、いつまで経ってもお金は貯まりません。
そして、趣味をショッピングと考えている人は往々にして衝動買いをよくしてしまうものです。
服にしろ、家電にしろ、生活用品であっても、衝動買いは避ける必要があります。

続きを読む

【心構え編】そのお金、無駄遣いです。

お金を浪費していては、いつまで経ってもお金持ちになることはできません。
お金持ちの人を見ると、投資信託の分配金や株式の配当、所有している不動産からの賃料収入といった、不労所得を手にしている人が非常に多いです。
不労所得とはその名の通り、働かずして入ってくるお金のことを言います。
羨ましい話ですよね。
保有している資産が、お金を生み出してくれる状態を作ってしまえばまさにお金がお金を生み出す状態となるわけです。
よく、お金があるところにお金が集まるから、お金持ちはますますお金持ちになるという考えがありますが、ある意味で的を射ているといえるでしょう。

続きを読む

お金を貯める方法の基本例となる家計簿2パターン紹介

お金の勉強をする

お金を貯める体質を作る

お金を貯める

貯めたお金を少しずつ投資に回す(キャピタルゲイン狙い)

投資で増やした資金でインカムゲインを狙う

というのが、本サイトがあなたに目指していただきたい「お金の勉強」から「お金持ち」までの道のりです。

続きを読む

そのお金、無駄遣いです。①節約して貯金へ

無駄遣いはできる限りカットしていく必要がありますが、まず見直したい出費を紹介していきます。
勿論、見直した結果、やはり必要ということであれば、それでOKです。
大事なことは、知らない間に無駄遣いしてしまっている状態を避けるという話です。

続きを読む

そのお金、無駄遣いです。②節約して貯金へ

「そのお金、無駄遣いです。①節約して貯金へ」では、無駄遣いの代表格であり、毎月の出費のうち高額となりやすい保険料と家賃の話をしました。
無駄をカットすることは、貯蓄体質を作る上でも非常に大事なことなので、引き続きカットすべき無駄について勉強していきましょう。

続きを読む

そのお金、無駄遣いです。③節約して貯金へ

ここまで勉強してきていただいた「そのお金、無駄遣いです」の①~④で、これまでに無駄が多かった人は何万円も節約できている人がいるかと思います。
逆に、まだ数千円もカットできていない人もいることでしょう。
ただ、この「そのお金、無駄遣いです」特集はまだまだ続きます。
出費を丹念に見直して、少しでも無駄をカットしていきましょう。

続きを読む

「消費」「浪費」「投資」について勉強しよう。

ほぼすべての国民が何かしらの形で収入を得て、何かにお金を使って、生活をしています。
(ほぼすべてといったのは、貯金をとり崩しながら生活をしているケースもあるためです。)
当然ですが、もし、お金を使わなければお金は貯まっていくだけになります。

まあ、それは、難しいのですが、それでも使うお金を絞ることが大事になります。
さて、使うお金を絞っていくにあたって「消費」「浪費」「投資」の考え方を身に付けておきましょう。

続きを読む