家計管理

そのお金、無駄遣いです。④節約して貯金へ

お金を貯めるために無駄遣いを減らすこととしてこれまで6項目紹介してきました。
①保険
②住居費
③車
④コンビニエンスストア
⑤二次会
⑥嗜好品や過度な間食
これから先については無駄遣い、とは言えない内容かもしれません。
でも、少しでも費用を削れるのであれば是非削って行っていただきたいと思います。

続きを読む

なぜ貯める?いくら貯める?

お金の勉強、特に貯蓄を考える上で避けて通れないのが、タイトルにある「なぜ貯める、いくら貯める?」という疑問ではないでしょうか?
貯めていくうちに、貯金の額が増えて行って面白くなってくる人も数多くいますが、その前に、なぜ貯めるのか、いくら貯めるのかについて考えてみましょう。

続きを読む

そのお金、無駄遣いです。⑤節約して貯金へ

⑨買い物は目的を持って
「とにかく避けるべき、破壊力抜群の衝動買い」のところにも詳しく書いておりますが、買い物をすること自体を目的にしてしまうと、衝動買いをしてしまう危険性があります。
衝動買いは一気に何千円、場合によっては何万円も無駄遣いしてしまうのでできる限り避ける必要があるのです。

続きを読む

お金を貯める方法①-1家計簿は挫折しがちなので。

お金を貯めるために、日々のお金の出し入れについて把握することはとても大事なことです。
お金を貯める方法①の今回は、多くの人が挫折してしまう家計簿の簡単バージョンによって「貯める」を実現していく方法を紹介します。

さて、あなたは、月に何にいくら使っているか正確に把握していますか?
これからお金の勉強をして貯蓄体質を作っていくわけですが、あなたが、何にお金を使っているかをしっかりと把握する必要があります。

続きを読む

お金を貯める方法①-2「消費」「浪費」「投資」に分けながら書こう

「お金を貯める方法①-1家計簿は挫折しがちなので。」をまだ読んでいない方はそちらからお読みください。

さて、家にある使いかけのノートに、日付とその日使ったお金を書き留める作業を1か月ぐらい続けることができたなら、次のステップに進むとよいでしょう。

次のステップでは、日付と使った費用を細かく書いていきます。
毎日寝る前にその日一日の出費を書いていきましょう。
それも「消費」「浪費」「投資」のいずれかに分けて書いていきます。 続きを読む

お金を貯める方法②-1 消費コップ、浪費コップ、投資コップ

まずは「お金を貯める方法①-1家計簿は挫折しがちなので。」から読んでみてください。

どんな方法でも構いませんが、日々のお金の出入りをしっかりと把握することは必要になります。

このページでもお金を貯める方法の第一歩として、お金の出入りの管理方法を紹介しております。

続きを読む

お金を貯める方法②-2コップの整理をしよう

「お金を貯める方法②-1 消費コップ、浪費コップ、投資コップ」をまだ読んでいない方はそちらから読んでくださいね。

レシートをもらってきてはただそれぞれのコップにぶち込むという作業を続けると、概ね一週間ぐらいでコップがレシートで溢れかえるようになってくることでしょう。

そうしたら、一週間に一度でも、気が付いたときでも構いませんので、コップのレシートをまとめる作業を行っていくようにしましょう。

書き方はただノートに記していくだけで構いません。
おすすめの方法はノートの一ページを3つに区切って使う方法です。

左上に10月19日~10月23日といった具合に日付を書いて、コップにたまっているレシートを記録していきましょう。
この段階では、ただ記録していくだけで構いません。

続きを読む

出費の記録を把握できるようになったら。

ここまで、「お金を貯める方法①」「お金を貯める方法②」で支出を最終的に「消費」「浪費」「投資」に分けてノートに記録して把握していく方法を紹介しました。

当たり前のように、支出を記録できるようになってきたなら次の段階です。
次の段階では、一ヶ月ごとなどで構いませんので、ノートを振り返って分析するタイミングを作っていくようにしましょう。

続きを読む

あらかじめお金を振り分けてしまうのも一手です。

理想的な「消費」:「浪費」:「投資」の割合の目安として、「出費の記録を把握できるようになったら。」のページにおいて

「消費」:「浪費」:「投資」=70:10:20

ということをお伝えしてきました。
お金の勉強を実践に生かす段階で最初に取り組むべきことは、日々の出費を記録していくという作業です。
この日々の出費を記録していくという作業を当たり前のようにできるようになったら、「消費」:「浪費」:「投資」=70:10:20を目指していくことになります。

さて、「消費」:「浪費」:「投資」=70:10:20を目指すための工夫として、あらかじめお金を振り分けてしまうという手法がありますので、このページで紹介しておきたいと思います。

続きを読む

銀行口座を使い分けよう。①独身の場合

銀行口座、あなたはいくつ持っていますか?
ここでは銀行口座を使い分ける方法を紹介します。
必ず使い分けなければいけないというわけではありませんが、いくつかの銀行口座を目的に応じて使い分けることで、お金を管理しやすくなります。

続きを読む