お金の勉強を始める前に・・・

独身の実家暮らしに潜む罠

独身で実家暮らしだとお金が貯まるという人がいます。
確かに、実家暮らしであれば、固定費を圧倒的に減らすことが可能となります。
3万円ほどを家に入れて、食費や光熱費は親がカバーしてくれるケースも多いのではないでしょうか。

続きを読む

「お金の勉強」している人・していない人。

人は、あればあるほどお金を使ってしまうものです。
宝くじに当たった人も、実は破産してしまうケースが多いという話を聞いたことがある人もいるでしょう。
給料が20万円あった人が25万円に増えたとして・・・そのまま毎月の貯金が5万円増えるケースはまれです。

肝に銘じておきましょう。何も考えずに過ごしていたらお金は貯まりません。

お金の勉強をしていない人

例えば、お金の勉強をしていない人のケースを考えてみましょう。
毎月20万円の収入があって、貯金はできないまでも収支±0で過ごしていたとします。
勿論、マイナスでなければ生活はしていけます。

でも、突如友人の結婚式があったらどうでしょう。
ご祝儀の3万円、二次会の参加費1万円、交通費で2万円の計6万円、どうするのでしょう?
キャッシングなんかに手をだしたら大変です。
元々収支±0なのに、さらに返済という支出が増えるのです。
それも、金利もついて。

結婚式は続くものです。
翌月には別の結婚式があるかもしれません。
そんな小さな積み重ねで破たんに向かうケースがあるのです。

お金の勉強をしている人
それでは、お金の勉強をしている人はどうでしょう?
お金の勉強でまず、最初にやるべきと教わることは給与から自動的に貯蓄していく仕組みです。
定期預金が貯まっていれば、急な出費があっても貸越制度を利用して定期預金を担保にかなりの低利でお金を借りることができます。

また、給与が増えたら、使うお金を増やすのではなく、自動貯蓄として先取りする金額を増やしていくなり運用に回すお金にすることも考えてもいいかもしれません。
お金は、目先の目的のためだけに勉強すべきものではありません。
何しろ、物々交換の世界に戻らない限り、一生涯使い続けることになるはずですから。

少しでも早いうちにお金の勉強をしておけば、将来的に大きな差ができるはずです。
将来のあなたのために、少しでも早いうちにお金の勉強をはじめ、貯める習慣術を身に付けていきましょう。